• Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119
  • Gretsch G6119

Gretsch G6119

現在
165,000
Gretsch G6119 Tennessee Rose(テネシーローズ)は、1959年に6120ナッシュビルの廉価版として開発されたチェット・アトキンス氏のシグネイチャーモデルのギターです。廉価版でありながらグレッチのラインナップの中では異例のシックなルックスという独自性を持ち、愛用者も多く人気の高いモデルです。

1959年当時のスペックは、ハイロートロンピックアップをリアのみ、ローズ指板、ヘッドは黒塗りでロゴ以外の装飾無しというように、グレッチの基本構造はそのままに、装備や装飾を少なくしてコストダウンをはかっていました。1962年、カントリージェントルマンがダブルカッタウェイ仕様にモデルチェンジする際、それまでのカントリージェントルマンを継承する形で現在の姿にモデルチェンジします。そこからの歴史の中で、ボディ厚やヘッドデザイン、Fホールの有無、ボディ材の変更などいろいろなマイナーチェンジを経て現在の姿に落ち着いています。

デビュー当初は「テネシアン」という名前で、これはグレッチと共同開発をしている故チェット・アトキンス氏の楽曲名が由来だと言われています。しかし、1979年にアトキンス氏がグレッチとのエンドース契約を打ち切り、名前が使えなくなってしまいました。その代わりに付けられた名前が「テネシーローズ」です。

【状態】
全体的に、使用感少ない状態なのですが
ボディトップにサインのような傷がございます。
ビディバックにバックル傷のような傷ございますが塗装のめくれなどはございません、
フレットは90%ほどとなりネックは現状ストレートとコンディションは良好です。

Fホールまわりが多少塗装が白濁している印象です。
純正のハードケースが付属します。

■ネック;ストレート
■フレット;90%
■ロッド;左右余裕あり

【付属品】
純正ハードケース
※写真のケースは撮影用となります。

【中古保証】
購入日より当社発行6ヶ月間の保証がつきます。
電装部の自然故障のみ対象となりますので、お客様都合による返品・返金は承っておりません。
細部などの写真をご確認されたい場合は可能な限り対応させていただきます